競売不動産買い付けガイド 

不動産競売で落札率10倍アップする競売必勝法

競売物件の見方・探し方・選び方、入札手続きの流れと入札参加のポイント、買い受け後の手続きとポイント

サイトマップ

銀行ローンで代金を支払う

ローン制度の導入により、競売が身近になった

●競売でローンが組める

競売について規定している法律「民事執行法」が改正され、競売のローン制度が導入されました。



これまでの競売では、横浜地方裁判所を除くと、買受人が現金で一括して買受代金を支払うことが大原則となっていたため、特に高額な不動産の競売に参加できるのは、限られた一部の競売のプロだけだったというのが実情でした。

しかし、平成10年12月に法律が改正され、新制度が実施され、一般の人が容易に競売に参加できるようになりました。

しかし、まだこの制度は浸透していないのが現状です。

また、現在の経済状況から金融機関の貸し渋りもいわれており、ローンを利用したい人の100%が利用できるわけではありません。

しかし、近いうちにはローン制度を利用することが一般的な支払方法になるものと考えられています。

●ローンの手続きと流れ

ローンを利用するときの手続きの流れは次のとおりです。

買受人が買い受けるまでの流れは、これまでの競売とまったく同様です。

買受代金の支払い方法からが異なってきます。

@ローンでの買い受けを希望する場合には、司法書士か弁護士を指定代理人として届ける必要があります。

これは後の手続きで、登記に必要な書類を受領して登記手続きをしなければならないためです。

なお、司法書士、弁護士は以下に問い合わせれば紹介してくれます。

日本司法書士会  03−3359−4171

日本弁護士連合会 03−3580−9841

A金融機関との間で、買受代金の融資を受ける契約と、その融資の担保として、競売で買い受けた物件に抵当権を設定する契約をします。

この契約をする場合は、あらかじめ自分が通常取引している金融機関に話を通しておく必要がありますが、そのような金融機関がない場合は、代理を依頼した司法書士、弁護士に紹介してもらう方法も考えられます。

B契約が成立すると融資をしてくれます。

C融資を受けた代金を裁判所に納付します。

D代金の納付と同時に、買受人は自分の所有権の移転登記と、銀行との間の抵当権の設定登記をするために、裁判所に必要な申出書類を提出します。この申し出は代金納付日の5日前までにします。

E代理人となった司法書士、弁護士は受領した登記申請書を登記所に提出し、登記手続きを済ませます。

F登記が終了することで、買い受けた物件の名義は買受人に移転し、同時に抵当権の設定もなされます。

Gローン設定契約どおりに、買受人は銀行に対してローンを支払います。

「競売王」一回の取引で平均600万円を稼ぐ競売ノウハウ公開!
マイホーム・業務用物件が安く手に入る
公庫ローンで競売物件が買える
物件はどのくらいあるか
競売は「競わせて売る」こと
競売の特徴を知っておこう
競売で業務用物件を仕入れる
競売手続きの流れ
さっそく競売に参加しよう
調査から物件を分析する
3点セット@物件明細書
3点セットA評価書
3点セットB現況調査報告書
期間入札の流れ
「公告」による競売内容の確認
「保証」の提供
入札書類の作成
入札書の提出
開札期日
特別売却の手続き
特別売却での購入方法
買受価格をどのように決めるか
買い受け後の手続きの概略を知る
代金の納付
登録免許税表
銀行ローンで代金を支払う
所有権移転
物件に占有者がいる場合
引渡命令が出るケースか
買受後にかかる税金
入札をシミュレートする
物件選びの基準
マンションか一戸建てか
借地権付の物件は狙い目
物件の相場を調べる
用途地域の違いを知ろう
中古マンションのチェックポイント
競売不動産のメリットとデメリット
入札参加のポイント総まとめ
競売に関する情報の入手方法のまとめ
これだけ覚えれば安心!競売用語集
実録!驚きの36万円からの競売マンションらくらく獲得術
【誰でも出来る!動産競売★】 〜倒産品・破産品・金融品でガッポリ儲かる!〜 プロ専用マニュアル★
s0319【楽販アフィリオ】三井住友銀行出身の現役不動産鑑定士が教える初心者でもできる!不動産投資プラチナ指値術
s0312【楽販アフィリオ】安定堅実、そして加速度的に資産を増やす不動産投資15のステップ

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
住友信託銀行 住宅ローン 金利

















競売不動産買い付けガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。